Home > ピンクコンパニオンの利用で注意すること > 「ピンクコンパニオンの派遣事情」が気になります。客には不利?

「ピンクコンパニオンの派遣事情」が気になります。客には不利?

ピンクコンパニオンの派遣事情は、新人の女の子たちが相次いで参入していることから、客である男子にとっては有利で楽しい状態に~。

外国籍の女子も増えています。

■自由度が高く勝手が効いて稼げる職業。

言葉は悪いかも知れませんが、ピンクコンパニオンは自分の都合でどうにでも“その日の身の振り方が決められる”、女の子たちにとっては非常に都合の良い商売です。

キャバクラで苦労して稼ぐよりも、その気になればセックスとコミコミで手早く稼ぐことができ、しかもその費用は自由設定なので、おねだり上手な女の子ともなれば、結構な額を稼げます。

気分が乗らない日はお断りすれば良く、これ以上に自由度の高い商売は他にありません。

■ピンクコンパニオン志望者は右肩上がり。

そのような業界事情から、キャバクラやソープランドと掛け持ちで稼ぐ女の子や、有名一流大学の女子、OL・主婦など、現状では出身を問わずあらゆる系統の女の子が業界入りを果たしています。

ピンクコンパニオンファンの男子にとっては、うれしい限りの状態にあります。

客の獲得合戦で、あの手この手のサービスが増え、その割に価格は据え置き状態といったところです。

■ピンクコンパニオンなど性風俗の世界は水ものではありますが、供給量が減って客に不利になることはありません。

誤解を恐れずに言うと、「セックス産業は永遠に不滅」です。

価格や内容は時代によって変わっても、本質そのものは変わりません。

今後はインバウンド(訪日観光客)の増加もあって、日本国籍でない女子のデビューも増加が見込まれています。

ピンクコンパニオン初心者であっても、そんな女の子となら十分楽しめそうです。

Comments are closed.

TOP