用意する書類は?

バイク買取業者にバイクを売却する際、必要になる書類があります。

どのような書類が必要なのでしょうか?

用意すべき書類は、まず車検証になります。

車検証は、売却するバイクが251cc以上の場合に必要になりますので、当てはまるバイクを売却する際は、必ず用意しておきましょう。

次は、自賠責証明書になります。

自賠責保険が切れていても売却は可能ですので、ご安心を。

但し、自賠責保険が切れた状態で、公道を運転することはできません。

道路交通法違反となりますので、ご注意下さい。

この場合は、バイク買取業者の中でも出張査定を行っているところを選ぶことをおすすめします。

それから、車検証、自賠責証明書を紛失している場合についてですが、どこを探しても見つからない場合は再発行の手続きを行い、査定日までに用意しておきましょう。

続いて、売却する人の身分証明書が必要です。

未成年者が売却する場合は、保護者の同意書、身分証明書が必要になりますので、忘れずにご用意下さい。

最後に、査定についてですが、担当者はバイクの状態を確認しつつ、年式、走行距離、人気度等をすべて考慮した上で、査定額を提示します。

査定にかかる時間は、およそ30分。

提示された査定額に納得した場合、必要書類を預け、その場で担当者が差し出す買取書類に、印鑑を押して、現金を受け取れば、商談成立です。

ですが、査定額に納得できない場合は、買取をキャンセルしても、問題ありません。

但し、買取業者によっては、キャンセル料が発生する場合がありますので、不安がある人は、査定予約を行う際、前もって確認しておくことをおすすめします。

Posted by 2015年12月1日 Category: バイク買取の準備