年式不明のバイク買取はできる?

バイク買取の見積りを行う際に必要事項として、メーカーや車種・走行距離だけでなく、年式も問われます。

やはり新しい年式のものは査定額が高くつきますし、古いものであってもビンテージ扱いとされマニアに人気があるのもその理由でしょう。

ですが、中古バイクの中には「年式不明」というものもあり自分が手に入れた時にはいつのものかわからないものが存在します。

そういった年式不明のバイク買取はできるのでしょうか。

【年式不明になる理由】

なぜバイクが年式不明になるのでしょう?実は、車検が義務付けられている251㏄以上の中~大型バイクの場合は車検証に必ず「初年度登録年月」が記載されており、何度売却され誰の手に渡ったとしても、その年式は変わらないため年式がわからなくなることはありません。

ですが、250㏄のバイクや原付には車検証がなく「登録年月日」の記載しかありません。

登録年月日はオーナーが変わるたびに変わってしまうため、その結果として年式不明のバイクが生まれるのです。

【年式不明のバイクは売れる】

だからといって年式不明のバイク買取ができないわけではありません。

「いつ登録されたかわからないバイク=車体の保証が難しい」ということで査定額は通常より下がってしまいますし、実際に市場に並ぶときには格安で売られています。

買取額が安くても廃車にするよりかは幾分かお金になるので、メンテナンスをしてぜひバイク買取のサービスを利用しましょう。

Posted by 2016年1月18日 Category: 年式不明のバイク買取