バイク買取業者のデメリットは?

バイク買取業者にバイクを売却するデメリットはあるのでしょうか?

自宅からインターネットで申し込めば自宅まで査定に来てくれて、無料で査定をしてくれます。

査定額に納得すれば、その場で現金化できる買取業者は、売る側からみれば、何のデメリットもないように思います。

ではどこにデメリットがあるのでしょうか?

デメリットについて調べてみたいと思いますが、その前にバイク買取業者に売却するする流れについてもう一度確認してみましょう。

まず自宅のパソコン、スマホからオンラインで簡単査定を行い、それから査定申し込みを行います。

続いて予約した日時に指定場所にて、査定を行います。

査定が済み、査定額に納得すれば商談成立となり、その場でバイク引き渡しを行い、現金を受け取ります。

車検証、自賠責保険証明書、身分証明書、印鑑等、必要な書類を預け、記入して、買取完了となります。

ここまででデメリットとなる点は、個人情報流出の危険性でしょう。

今の時代、個人情報流出はどこで行われるか分かりません。

次に、承諾なしで、承諾範囲外のものを買取しようとする業者です。

例えば、バイクの無料査定だけをします、という触れ込みの業者があったとします。

その業者は、買取の承諾を得ていないので買取りをすることができません。

これは違法になるのですが、それでも強引に買取を進めようとする業者がいないわけではありません。

大切なバイクを売るからこそ、正しい知識を身につけましょう。【参考サイト:古物の訪問購入、訪問販売の規制

買取業者は慎重に選ぶことをおすすめします。

最後にに、希望する金額での取引とはならないことです。

簡単査定を行い、その査定額に近い金額が手にできると思うお客さまが多いと思いますが、

バイクを実際に確認した結果、簡単査定では確認できなかったキズの有無、改造の有無などによって、査定額は変化します。

査定額に納得できない時は、その場の勢いで決めてしまってはいけません。

後々、後悔することのないよう、数社の業者での査定を行うことをおすすめします。

Posted by 2015年11月22日 Category: 業者のメリットとデメリット