バイクの不動車は買取に出しても廃車扱いでお金が必要?

バイクが不動車になっても、即廃車になることはありません。

バイク買取店に出せば、査定の上、相応のお金は受け取れます。

バイクには不動車と事故車の2通りがあります。

これを処理する方法としては、①バイクの買取会社に出す。

②事故車同様に廃車扱いにして業者に頼む。

③産廃業者に頼んで引取ってもらうなど3つの選択肢があります。

しかし②も③も、バイクを処分するための実費が2万円~3万円はかかってしまい、現実的ではありません。

普通に考えて、不動車が即廃車扱いになることは考えられませんし、仮にそうだとしても、バイク買取店に出せば、査定によっていくらかのお金はもらえるはずです。

では、事故車は必ず廃車になるのでしょうか。

故障車・事故車でも、廃車にするかどうかは買取店がバイクを引取ってから状態をチェックして決めることです。

たとえば不具合な箇所や故障の原因は、査定に来た客先で目視を行なっただけでできるものではないので、数日かけて原因を特定します。

さらに修理した場合とスクラップにして部品だけを市場に出した場合など、コスト面や利益を考えて方針を決めます。

単なる不動車というだけで廃車にはなりません。

不動車・故障車に対しても、査定額はきちんと算定されます。

バイク買取店は長い経験とノウハウから不動車・事故車の買取価格についても相応の見立てが行なわれます。

廃車だと思い込んで、業者に頼んでしまうと実費を払わなければならなくなるというマイナスがあります。

しかしバイク買取なら、どのような状態でも査定して客にお金を払い、それから買取っていくのが普通です。

どんなジャッジが下るのか、いくらになるのかを一度は試してみましょう。

Posted by 2019年3月18日 Category: 不動車や事故車の買取