「ピンクコンパニオン初心者」です。遊ぶ際の注意事項は?

ピンクコンパニオンと遊ぶのは初心者というグループは、宴会前に一定のルール作りを行なって全員で共有しておきましょう。

悲劇勃発を未然に防げます。

■“泥酔して予算オーバー”で悲劇勃発。

ピンクコンパニオン初心者が陥ってしまう過ちの多くは、予算オーバーです。

事前に派遣会社などから予算や遊びの範囲などを聞いていたにも関わらず、現地の宴会場などで羽目を外して追加オーダーをしまくってしまったり、際限なく延長を繰り返してしまったりという事例が後を絶ちません。

心地よく酔うという範疇を超えて泥酔してしまう初心者も多く、そうなると会計の段階でトラブルとなります。

■全員が共有すべき最低限のルール。

グループの中にピンクコンパニオン経験者が1人でもいたら、その人に全体の仕切りをお願いしましょう。

ツアーを組む段階から、経験者をメンバーに加えるべきです。

どうしても“初心者だけのグループ”になってしまった場合は、以下の点をルールとして仲間と共有しておくべきです。

①予算を決め、そこから1万円程度の余裕をもって上限とする。

②延長は1回までとする。

③オーバーに気づいたメンバーは直ちにお開きを宣言する。

■酔いがまわれば気が大きくなって無制限になります。

しらふに近い人が見守り役として決めたルールを守らせましょう。

ピンクコンパニオンを招いた宴会は、そもそもハメを外すことに楽しみがあり、最初からアゲアゲモードになりがち~。

つねに冷静な人が1人はいて、全体を取り仕切ることが失敗しないコツです。

役回りを決めておきましょう。

◎初心者でも安心!ピンクコンパニオンの予約は宴会の達人がオススメです。

Comments are closed.

TOP